瀧廉太郎の「花」をブルース風にアレンジしてみました。

瀧廉太郎の代表作の一つである「花」をブルース風にアレンジしてみました。

「花」は私の大好きな曲で、子供の頃から数多く聴いたことがことがあるだけでなく、何回もピアノ伴奏を行なったことがあります。
ちょうど今、冬から春に移り変わって行く季節なので、「花」を題材として取りあげ、私の大好きなブルース風のアレンジをつくってみました。

オーソドックスな「花」の演奏です。
ブルース風にアレンジした「花」の演奏です。

おわりに

瀧廉太郎の「花」には桜が出てきますが、ボートの櫂による水しぶきは「花」が散るようだ、という隅田川の様子も描かれています。

歌詞は武島羽衣によって作詞された。速いテンポの二部形式で書かれ、当時隅田川で盛んであった漕艇(ボートレース、レガッタ)の様子など、春の隅田川の情景が歌われている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/花_(瀧廉太郎)